鎌倉大町の家

「家族そろって、縁側で蕎麦を食べたい」

そんな建て主の想いを受けて始まった家づくり。

背面に保護林を有する狭小変形地で、

敷地図に建築可能なラインを落とし込み、

その形と家族のイメージを融合させて

古民家に使われていた梁や頼もしい八寸の大黒柱、

墨色の土壁など、こだわりの素材を取り入れながら、

丁寧に作り込んで行った。

長い年月をかけ、子ども達の「実家」に

たくさんの思い出を刻んでほしい。

 142.80㎡(55.16坪)

 49.38㎡(14.96坪)

 49.27㎡(14.93坪)

 98.55㎡(29.89坪)

Data

■敷地面積​■1階床面積

■2階床面積

■延床面積■